【共通フレームとは】主ライフサイクルプロセス

共通フレームにおける「主ライフサイクルプロセス」「企画プロセス」についてまとめました。

共通フレームとは

共通フレームとは、情報処理推進機構が発行しているソフトウェアライフサイクルにおける用語や作業内容などを規定したガイドラインです。

国際規格である「ソフトウエアライフサイクルプロセス(SLCP)」を日本独自に拡張したものが共通フレーム(SLCP-JCF)です。

主ライフサイクルプロセス

共通フレームで定義されている「主ライフサイクルプロセス」は次の通りです。

プロセス 項目
取得プロセス ①提案依頼書の準備
②契約準備及び更新
③供給者の監視
④受入れ及び完了
供給プロセス ①提案書の準備
②契約締結
③計画立案
④実行及び管理
⑤レビュー及び評価
⑥納入及び完了
契約の変更管理プロセス ①契約の変更要求
②影響の調査分析
③協議の実施と合意の形成
④契約の変更
企画プロセス ①システム化構想の立案
②システム化計画の立案
要求定義プロセス ①利害関係者要件の定義
②利害関係者要件の確認
開発プロセス ①システム要件定義
②システム方式設計
③ソフトウェア要件定義
④ソフトウェア方式設計
⑤ソフトウェア詳細設計
⑥ソフトウェアコード作成及びテスト
⑦ソフトウェア結合
⑧ソフトウェア適格性確認テスト
⑨システム結合
⑩システム適格性確認テスト
⑪ソフトウェア導入
⑫ソフトウェア受入れ支援
運用プロセス ①運用テスト
②業務及びシステムの移行
③システム運用
④利用者教育
⑤業務運用と利用者支援
⑥システム運用の評価
⑦業務運用の評価
⑧投資効果及び業務効果の評価
保守プロセス ①問題把握及び修正分析
②修正の実施
③保守レビュー及び受入れ
④移行
⑤システム又はソフトウェア廃棄
関連ページ
1 共通フレーム2013の概説 – IPA
2 【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ
関連記事