【LTspice】電源の設定(直流、交流、内部抵抗、パルス波など)

LTspiceの電源の設定(直流、交流、内部抵抗、パルス波など)についてまとめました。

【基本設定】電源電圧と内部抵抗

LTspiceでは、様々な電源波形を出力させることができます。

回路図へ電源を配置するには以下の操作を行います。

① [Select Component Symbol] > [voltage]を選択します。

② 配置した電源を設定するときは、電源のシンボル(Voltage)を右クリックします。

③ デフォルトは、DC電源となり電圧値と内部抵抗のみを設定できます。

パラメータ 概要
DC value [V] DC電圧値
Series Resistance [Ω] 電源の内部抵抗

【詳細設定】パルス波電源

① 電源のシンボル(Voltage)を右クリックします。

② [Advanced]をクリックします。

③ [PULSE]にチェックを入れます。すると下のような設定入力欄が出てきますので、生成したいパルス波のパラメータを入れます。

パラメータ 概要
Vinitial[V] 開始時の電圧
Von[V] パルスがHIGHの時の電圧
Tdelay[s] ディレイ・タイム
Trise[s] 立ち上がり時間
Tfail[s] 立ち下がり時間
Ton[s] オンタイム(HIGHの時間)
Tperiod[s] 周期
Ncycles 繰り返し数

動画解説版

パラメータ Small signal AC analysis(.AC)(小信号解析用)
AC Amplitude AC波形の振幅
AC Phase AC波形の位相
パラメータ Parasitic Properties
Series Resistance [Ω] 直列抵抗値
Parallel Capacitance [F] 並列容量

【詳細設定】正弦波電源

① 電源のシンボル(Voltage)を右クリックします。

② [Advanced]をクリックします。

③ [SINE]にチェックを入れます。すると下のような設定入力欄が出てきますので、生成したいパルス波のパラメータを入れます。

パラメータ 概要
DC offset [V] オフセット電圧値
Amplitude [V] 振幅値
Freq [Hz] 発振周波数
Tdelay [s] 動作開始までの遅延時間
Theta [1/s] ダンピング係数。指数的に減衰します。
Phi [deg] 位相差。90度を指定すればcos
Ncycles 繰り返し数(指定したい場合は記入)

動画解説版

【詳細設定】指数パルス波電源

パラメータ 概要
Vinitial [V] イニシャル値
Vpulsed [V] 波形の最大値
Rise Delay [V] 波形(パルス)が立ち上がるまでの遅延時間
Rise Tau [s] 立ち上がり時の時定数
Fall Delay [s] 波形が経ち下がるまでの遅延時間
Fall Tau [s] 立下り時の時定数

【詳細設定】FM波電源

パラメータ 概要
DC offset [V] オフセット電圧値
Amplitude [V] SINE波形の振幅
Carrier Freq [Hz] キャリア周波数
Modulation Index モジュレーション・インデックス
Signal Freq [Hz] 信号周波数

【詳細設定】PWL波電源

PWL波は、(時間,電圧値)のリストを直線で結んだ波形です。

パラメータ 概要
time(n) [s] n時点の時間
value(n) [V] n時点の電圧値
参考文献・関連ページ
1 【LTspice入門】無料の回路シミュレータ
2 【電池入門】基本原理・アルゴリズム
3 電気・電子回路入門
関連記事