【Excel/VBA】コメントの書き方(1行、複数行)

Excel/VBAにおけるコメントの書き方(1行、複数行)について紹介します。

【VBA】コメントの書き方(1行)

Excel/VBAnでは、文字列の前にシングルクォーテーション「’」を付けることで、「’」から行末までがプログラム実行中に無視されて実行されないため、好きなメモを残すことができます。
作ってから時間が経ったり、他の人に渡したり、プログラムの規模が大きくなると、コードを読み解くことが困難になってきます。
そのため、プログラムを作成する際に、コメント機能を使ってこまめにメモ(説明)を残すことが大事となります。

動画解説

本ページの内容は以下動画でも解説しています。

Sub test()
    ' Sheet1シートのA1セルの値をエクスカリバーに変更 ← これがコメント
    Worksheets("Sheet1").Range("A1").Value = "エクスカリバー"
End Sub 

【VBA】コメントの書き方(複数行)

1行でなく複数行、コメントを残したい場合があります。
その場合は、1行ずつシングルクォーテーション(’)を打っていきますが、非効率的です。
その場合は、以下の手順で[コメント ブロック] 機能を使うと便利です。

● VBEのメニューバーから [表示] -> [ツールバー] ⇒ [編集] を選択します。

● コメントしたい範囲を選択し、 [コメント ブロック] ボタンを押すと、選択した範囲がコメント化されます。

● コメントを解除したい場合は、範囲を選択してから [非コメント ブロック] ボタンを押します。

【Excel超入門】関数・VBAマクロの使い方
Excelの基本操作、関数・VBAマクロの使い方について初心者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました