【Python/OpenCV】アフィン変換で画像の回転(cv2.warpAffine)

Python版OpenCVとNumPyを用いてアフィン変換を実装し、画像を回転させる方法をソースコード付きで解説します。

スポンサーリンク

アフィン変換で画像の回転

本ページの内容は以下動画で解説しています。

アフィン変換とは、平行移動と線形変換を組み合わせた変換です。
つまり、アフィン変換で画像の拡大・縮小、回転、移動などを行うことができます。
原理については以下ページで解説しています。

【画像処理】アフィン変換による回転の原理・計算式
この記事では、画像を拡大・縮小・回転させる「アフィン変換」の原理や計算方法についてまとめました。

今回はPython版OpenCVの「cv2.warpAffine」と「NumPy」でアフィン変換を実装し、画像を回転させてみました。

■入力画像(左)と出力画像(右)※アフィン変換で回転させた例

スポンサーリンク

サンプルコード①OpenCVで実装

サンプルプログラムのソースコードです。


スポンサーリンク

サンプルコード②NumPyで実装


サンプルプログラムの実行結果です。

■入力画像(左)と出力画像(右)※アフィン変換で回転させた例

関連記事

【Processing】OpenCVの使い方
この記事では、Processing言語でOpenCVを使う方法をサンプルコード付きで入門者向けに解説します。
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
この記事では、画像処理における基本的なアルゴリズムとその実装例(プログラム)についてまとめました。
【画像処理入門】アルゴリズム&プログラミング
この記事では、画像処理における基本的なアルゴリズムとその実装例(プログラム)についてまとめました。
Python画像処理
スポンサーリンク

コメント