【Ubuntu】WordPressをインストールする方法

UbuntuにWordPressをインストールする方法について紹介します。

スポンサーリンク

WordPressをインストールする手順

OS:Ubuntu 22.04 LTS

Apacheをインストールしします。

$ sudo apt -y update
$ sudo apt -y install apache2

Apacheを起動します。

$ sudo systemctl enable apache2

Synchronizing state of apache2.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable apache2
$ sudo systemctl start apache2

Apacheの動作確認をします。

$ sudo systemctl status apache2

# Active: active (running) since ~ならApache起動OK
#「q」で終了

ブラウザで「http://127.0.0.1」にアクセスし、Apacheのテストページが正しく表示されるか確認します。

PHPをインストールします。

$ sudo apt -y install php php-mysql

MariaDB をインストールして起動します。

$ sudo  apt -y install mariadb-server mariadb-client
$ sudo systemctl enable mariadb
$ sudo systemctl start mariadb

WordPressをダウンロードし、DocumentRoot配下に展開します。
※DocumentRootは、ApacheがWebサーバとして外部に公開するコンテンツを配置するディレクトリです。

cd /var/www/html
$ sudo wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ sudo tar xvf latest-ja.tar.gz
$ sudo chown -R www-data:www-data .

MariaDBでWordPress用のデータベースを作成します。
MariaDB Monitor(mariadbコマンド)上で、文字コードUTF8でデータベース「wordpress」を作成します。

$ mysql

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8;

WordPress用MariaDBのユーザを作成します(データベース「wordpress」のみ全権限を持つ)。

GRANT ALL ON wordpress.* TO username@localhost IDENTIFIED BY 'password';

FLUSH PRIVILEGES;

※ユーザ名とパスワードは適宜変更

Webブラウザで「127.0.0.1/wordpress/」にアクセスすると、以下のような画面が表示されるので、「さあ、始めましょう」をクリックします。

データベース名、ユーザー名、パスワードなどをWordPressの初期設定を行い、「送信」をクリックします。

WordPressのインストールが正常に完了すると、設定したユーザー名とパスワードでダッシュボードにログインできます。

スポンサーリンク

関連ページ

【Ubuntu】初心者向けに使い方を解説
Ubuntuの使い方を初心者向けに解説します。
【Mac入門】基本設定、使い方、カスタマイズ術
macOSの基本設定、使い方、カスタマイズ術について解説します。
【WordPress入門】初心者向けの使い方を解説
WordPressでWebサイトを作成する方法を入門者向けに解説します。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント