【C言語】for文の使い方 (条件式など)

この記事では、for文の使い方 (条件式・複数条件など)について紹介します。

for文とは

for文は、同じ処理を繰り返しおこないます。
反復の条件(初期化・条件式・後処理)を1つの文で書くことができます。

書式

for (初期化; 条件式; 後処理)
{
  文;
}

【条件式】
関係演算子論理演算子など、結果として論理値が得られる演算を記述します。

【後処理】
後処理には、増分・減分演算子が用いられることが多いです。

【for文の処理】
①始めに初期化を1度だけ実行する。
②条件式が「真」か「偽」か調べる。
③真の場合・・・「文」を実行し、その後「後処理」を実行する。そして②へ戻る。
③偽の場合・・・反復を終了して次の処理へ進む。

条件式が偽になるまで文と後処理が実行され続けます。
通常は、後処理で反復回数を制御します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  int i;
  
  // iが5になるまで反復処理
  for(i=1; i<=5; i++){ 
    printf("%d回目の実行\n", i);
  }
  return 0;
}

実行結果

実行結果です。

1回目の実行
2回目の実行
3回目の実行
4回目の実行
5回目の実行

関連記事

C言語入門 (サンプルプログラム集)

関連記事