【C言語】printf関数でdouble型変数の表示

スポンサーリンク

この記事では、C言語のprintf関数でdouble型変数の中身を表示する方法について解説します。

スポンサーリンク

変数表示(double型)

C言語では、printf関数を用いて変数の内容を表示することができます。
今回はこれを用いてdouble型(倍精度浮動小数点数型)変数の中身を表示させてみます。

書式・使用例

【書式】
printf(“表示したい書式”, 変数名の並び)

int型変数の内容を表示するには、「表示したい書式」の部分に %f と記述します。
また、「変数名の並び」の部分に変数名を記述します。

【使用例】
printf(“%f”, x); // 変数の中身のみ表示
printf(“xは%f”, x); // 任意の文字列と変数の中身を表示
printf(“xは%f yは%f”, x, y); // 任意の文字列と複数の変数の中身を表示

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

※「\n」は改行コードです。これを入れた後から改行されて表示されます。

実行結果

実行結果は下記の通りです。

1.230000
xは1.230000
xは1.230000 yは4.560000

【関連記事】
C言語入門(サンプルプログラム集)

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!