シェアする

C言語の開発環境まとめ

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、C言語のプログラミング開発環境について解説します。

C言語の開発環境(Windows編)

C言語のプログラミング開発環境はいくつもあります。
今回はその代表例をまとめてみました。

【関連記事】
C言語入門(サンプルプログラム集)

Visual Studio2015

WindowsのC言語開発環境で最も代表的なものは、Visual Studioです。
マイクロソフトが提供する開発環境で素早く簡単にさまざまなプログラムを作成できます。
詳細は下記事で紹介しています。
Visual Studio2015をWindows10にインストール

MinGW(GCC)

MinGWとは、フリーのコンパイラであるGCCを、Windows向けに移植したものです。
Windows APIのためのヘッダファイルを含んでいるため、Windowsアプリケーションの開発にも利用できます。
Visual StudioのC言語はマイクロソフト独自仕様があるため、入門者にはスタンダードなC言語を使えるMinGW(GCC)がおすすめです。
詳細は下記事で紹介しています。

MinGW(GCC)のインストール(Windows10)
MinGW(GCC)の使い方
MinGW(GCC)のポータブル化

Borland C++

Borland C++ とは、個人利用の場合は無料で使えるCコンパイラです。
エラー表示が日本語なので入門者におすすめです。
詳細は下記事で紹介しています。
【Borland C++ 】Windowsにダウンロード&インストール方法
【Borland C++ 】Windowsでの環境変数の設定
【Borland C++ 】プログラムのコンパイル・実行方法

Ideone

Ideoneは、ブラウザで使えるプログラミング環境です。
インストール不要なので手軽に使えます。(登録も不要)
簡単なC言語のプログラムを実行したり練習するのに適しています。
【使い方】
・下記リンク先を開き、ソースコードを入力します。
http://ideone.com/
・画面左下に言語選択メニューで「C」を選ぶ。
・画面右下の「Run」ボタンをクリックします。
すると実行結果が下に表示されます。
【補足】
Ideone以外にもWebブラウザで実行できるプログラミング環境はたくさんあります。
ここで全部紹介すると長くなるので下記事にまとめています。
Webブラウザで使えるプログラミング実行環境まとめ

学習用C言語開発環境

学習用C言語開発環境とは、その名の通り学習用に作成された簡易C言語開発環境です。
詳細は下記事で紹介しています。
学習用C言語開発環境

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)