【Java】配列の平均値

この記事では、Java言語を用いて、配列の平均値を計算する方法をソースコード付きで解説します。

配列の平均値

データの平均値を求めるのは、まず合計値を求める必要があります。
そして合計値をデータの個数で割れば平均値が求まります。
今回は、1~5の整数の平均値を求めてみました。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

import java.util.*;
import java.lang.*;
import java.io.*;
 
class Main
{
        public static void main( String[] args ) {
                double sum = 0;
                double[] data = { 1, 2, 3, 4, 5};
                for( int i=0; i < data.length; i++ ) {
                        sum += data[i];
                }
                double ave = sum / data.length;
                System.out.println(ave); # 平均値3が表示
        }
}
- おすすめ関連記事
1 Java入門 基本文法
2 Javaで数値計算 サンプルプログラム集
関連記事