【Javascript】生年月日から年齢を計算

この記事では、Javascriptで生年月日から現在の年齢を計算する方法とソースコードについて紹介します。

現在の年齢を計算

Javascriptでは、Dateオブジェクトを用いることで、現在の日付(年・月・日・曜日)を取得できます。

【書式】
Date.getFullYear()・・・現在の年を西暦で取得
Date.getMonth()・・・現在の月を取得(1月:0、2月:1、・・・と数値で返す)
Date.getDay()・・・現在の曜日を取得(日曜:0、月曜:1、・・・と数値で返す)
Date.getDate()・・・現在の日にちを取得

今回はこれを用いて、指定した生年月日の現在の年齢を計算してみます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは以下の通りです。
【HTML側(index.html)】

【Javascript側(main.js)】

実行結果

サンプルプログラムの実行結果は以下の通りです。
ページを読み込むと、アラートダイアログに現在の年齢「○○歳」が表示されます。

【関連記事】
Javascript入門 基本文法

シェア&フォローお願いします!