【XAMPP】Laravelのインストール

XAMPPでPHPの人気フレームワーク「Laravel」をインストールする方法についてまとめました。

Laravelとは

Laravelとは、PHPで最も人気のあるPフレームワークの1つです。

Laravel5.6のシステム要件(2018年7月現在の最新版)
PHPバージョン 7.1.3以上
PHP拡張 「OpenSSL」「PDO」「Mbstrin」「Tokenizer」「XML」「Ctype」「JSON」

Laravelのインストール手順(XAMPP編)

① 「xampp-control.exe」をタブルクリックし、XAMPPのコントロールパネルを開きます。

② コントロールパネルでApacheを起動します。

③ [Shell]をクリックして以下のコマンドを実行します。(Composerのインストール)

php -r "readfile('https://getcomposer.org/installer');" | php

④ 続いて以下のコマンドを実行します。(Laravelのインストール)
※このコマンドでは、exampleプロジェクトを作成

php composer.phar create-project laravel/laravel example --prefer-dist

⑤ これでインストール完了です。(Laravelがインストールされたexampleプロジェクトを作成)
下記コマンドを順に実行してLaravelのバージョンが表示させたらインストール成功です。

cd example
php artisan --version


Laravel Framework 5.6.27
関連ページ
1 【PHP入門】基礎文法とサンプルコード集
2 【PHP】Laravelフレームワーク入門
PHP
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました