XAMPP Portableのインストール・使い方

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事ではXAMPP Portableのインストール方法についてソースコード付きで解説します。

インストール手順

XAMPPは、クロスプラットフォームで動作するApache、MySQL、PHP、perlを簡単に利用すできるパッケージです。
XAMPPはインストール不要で利用できるポータブル版があるため、手軽に利用できて便利です。
Apache、MySQL、PHP、perlの動作テストや操作練習に向いています。

①下記リンク先からポータブル版の圧縮ファイル(ZIP形式)をダウンロードします。
Windowsの場合・・・「XAMPP Windows」→「phpのバージョン」→「xampp-portable~.zip」
https://sourceforge.net/projects/xampp/files/

②ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

③setup_xampp.bat を実行します。
このバッチファイルを実行することで、設定ファイル内のパスが書き換えられます。
そのため、XAMPP Lite Portableのパスを変えたら、その度にバッチファイルを実行します。

Apacheの起動方法

①xampp-control.exeをダブルクリックして起動します。

②Apacheの右にある「Start」ボタンを選択します。
※ファイアウォールの警告が表示された許可します

MySQLの起動方法

①xampp-control.exeをダブルクリックして起動します。
②MySQLの右にある「Start」ボタンを選択します。

【おすすめ記事】
PHP入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!