【NumPy】最大値・最小値要素のインデックス

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、配列の最大値・最小値要素のインデックス(要素番号・位置)を取り出す方法をソースコード付きで解説します。

最大値・最小値要素のインデックス

NumPyでは、配列の最大値・最小値要素のインデックス(要素番号・位置)を取り出す機能が用意されています。

書式

説明
index = numpy.argmin(x) 配列xの最小値要素のインデックスを取得します。
index = numpy.argmax(x) 配列xの最大値要素のインデックスを取得します。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np

# 配列の宣言
x = np.array([2, 1, 3]) 
    
# 最小値要素のインデックス
print(np.argmin(x)) # 1
    
# 最大値要素のインデックス
print(np.argmax(x)) # 2

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

関連記事