【Stable Diffusion Web UI】「EasyNegative」のインストールと使い方

Stable Diffusion Web UIに「EasyNegative」をインストールして使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

EasyNegativeとは

「EasyNegative」とは、ネガティブプロンプトの入力の手間を減らせるツールです。
少ない文章量で、多くのネガティブプロンプトを入力しているときと同じような結果を出すことができます。
ちなみに、「EasyNegative」の導入は簡単でファイルサイズも25KB程度なので、とりあえず入れて置けばいいと思います。

スポンサーリンク

EasyNegativeのインストール

 「https://huggingface.co/datasets/gsdf/EasyNegative/tree/main」 から「Files」内の「EasyNegative.safetensors」をクリックしファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを「./stable-diffusion-webui/embeddings/」配下に移動します。

これで「EasyNegative」の導入は完了です。

スポンサーリンク

「EasyNegative」の使い方

 「Stable Diffusion web UI」を起動し、「花札アイコン」をクリックします。

 「Textual Inversion」タブ内の「EasyNegative」アイコンをクリックします。

ネガティブプロンプト欄に「EasyNegative」というプロンプトが追加されます。これだけで基本的なネガティブプロンプトを入れた状態と同じような効果が得られます。
以下のように「EasyNegative」以外に他にネガティブプロンプトを追加することも可能です。

EasyNegative, nsfw, bad-hands-5, signature, watermark, username, blush, plush toy, torii, bad finger, few fingers, bad hands, flat color, flat shading,poor quality, bad anatomy, low res, cropped, signature, watermark, username, artist name, text

 「EasyNegative」適用時のネガティブプロンプトは以下の一つだけです。

スポンサーリンク

関連ページ

画像生成AIと英語を同時に学ぼう!初心者向け解説
イラスト・画像生成AIの使い方についてに初心者向けにまとめました。
画像生成AI
スポンサーリンク
西住工房

コメント