【Arduino】温度センサ(LM61CIZ)で気温測定

Arduinoと温度センサ(LM61CIZ)を用いて、温度測定する方法について紹介します。(ソースコード付き)

温度センサLM61CIZ

LM61CIZは-30℃から100℃の温度を計測できる高精度IC温度センサです。
秋月電子で4個入り200円(1個あたり50円)で購入できるため格安です。

LM61CIZは-30℃~100℃の温度を300mV~1600mVの範囲で出力します。
(0℃=600mV、1℃あたり10mV変化)

Arduinoは、アナログ入力ピンで0V~5Vを0~1023の値にA/D変換して取得します。
(300mV~1600mVなら61~327)

今回は、ArduinoのanalogRead関数とmap関数を用いて、温度センサLM61CIZで計測したデータを取得し、摂氏温度に変化させてパソコンに出力してみました。

【参考文献】高精度IC温度センサLM61CIZ(4個入)

回路構成

Arduinoと温度センサの回路構成は下記の通りです。

ソースコード

プログラムのソースコードは下記の通りです。

void setup() {
  // シリアル通信の伝送速度
  Serial.begin(9600);
}

void loop() {
  // 変数宣言
  int analog , temp , vt; 
  // アナログ0番ピンからセンサの値を取得(0~5Vの電圧を0~1023の範囲に変換して取得)
  analog = analogRead(0); 
  // センサの値を電圧に変換(数値を0~1023から0~5000mVの範囲に変換)
  vt  = map(analog,0,1023,0,5000);    
  // 電圧を温度に変換(数値を300~1600mvから-30~100度の範囲に変換)
  temp = map(vt,300,1600,-30,100); 
  // 温度をシリアルモニタに表示
  Serial.println(temp);     
  // 1秒毎に繰り返す
  delay(1000) ; 
}

実行結果

プログラムの実行結果は下記の通りです。
【シリアルモニタ】

おすすめ記事

Arduino入門 基本的な使い方

シェア&フォローお願いします!