【データベース設計】データ分析、データベースの論理設計、データの正規化など

データベース設計とは?データ分析、データベースの論理設計、データの正規化、データベースのパフォーマンス設計、データベースの物理設計などについてまとめました。

【データ分析】

【データベースの論理設計】E-R図

用語 説明
E-R図 データベース化の対象となる実体(エンティティ)と、実体の持つ属性(アトリビュート)、及び実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図です。関係データベースの概念モデル設計によく利用されますが、記法自体は関係モデルに限らず任意のオブジェクトとその関連の記述が可能になっています。

【データの正規化】外部キー制約

用語 説明
外部キー制約 関係データベースの2つのテーブルの間の参照整合性を保つための制約で、SQLでは設定する属性に対して「FOREIGN KEY句」を指定します。正規化された表同士を外部キーで結合することでデータの一貫性・正当性を保つことができます。

【データベースのパフォーマンス設計】

【データベースの物理設計】

関連記事
1 【情報処理入門】テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系、資格試験
2 【開発ツール】設計ツール、構築ツール、テストツール
コンピュータ
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました