【離散化】標本化(サンプリング)定理とは?仕組みと計算方法

標本化(サンプリング)定理とは?仕組みと計算方法についてまとめました。

標本化(サンプリング)とは

標本化とは、アナログ信号を時間軸上で離散化することです。
標本化を行う際、「有限の周波数帯域f[Hz]をもつ信号は、2f[Hz]以上の周波数で標本化」すれば情報量が失われません。
これを「標本化定理」といいます。
また、2f[Hz]以上の周波数のことを「サンプリング周波数」といいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました