【電力・電力量・熱量】違いと変換のための計算式

電力[W]・電力量[Ws, Wh]・熱量[J]とは?違いと変換のための計算式についてまとめました。

【はじめに】電力・電力量・熱量とは

電力・電力量・熱量の違いは次のとおりです。

種別 単位 概要
電力 w 1秒あたりに使用する電気エネルギー量。(1時間あたりの場合もあり)
電力量 Ws、Wh 電力の総使用量。利用時間分だけ使用した電力。(Wsなら秒単位、Whなら時間単位)
熱量 J 熱エネルギーの総量。(電力量と同じ)

【計算式】電力・電力量・熱量の相互変換

電力

電圧E[V]、電流I[A]のとき、電力W[W]の計算式は次のとおりです。

(1) \begin{eqnarray*} W=EI \end{eqnarray*}

電力量

電力の利用時間がt[s]のとき、電力量Pの計算式は次のようになります。

(2) \begin{eqnarray*} P=Wt \end{eqnarray*}

つまり、電力量は「利用時間分だけ消費した電力」を表しています。
実際には、秒単位だと扱いにくいので、単位はWh(時間単位)が用いられています。

熱量

熱量[J]と電力量[Ws]は等しくなります。
ただし、電力量の単位がWhの場合は、1時間=3600[秒]なので3600倍になる点に注意しましょう。

(3) \begin{eqnarray*} Pt[Ws]=W[J]\\ Pt[Wh]=3600W[J] \end{eqnarray*}

参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
関連記事