【Excel】COUNTIFS関数でOR(または)で条件指定

ExcelでCOUNTIFS関数でOR(または)で条件指定する方法について紹介します。

【COUNTIFS関数】OR(または)で条件指定

COUNTIFS関数は複数条件にすべて一致(AND)したセルの個数を求めます。
ANDでなく、OR(どれかが一致)でセルの個数を求めたい場合は、「COUNTIFS関数同士を足してあげます。

例えば、B3~B5セルに「沖 + 任意の1文字」もしくは「任意の1文字 + 田」を含むセルの個数をカウントしたい場合は次のように書きます。

=COUNTIFS(A2:A4,”沖?”,) + COUNTIFS(B3:B5,”?田”) 
【Excel超入門】関数・VBAマクロの使い方
Excelの基本操作、関数・VBAマクロの使い方について初心者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました