【App Store】アプリのバージョンを上げる方法

App Storeで公開したアプリのバージョンを上げる方法について紹介します。

【手順】アプリのバージョンを上げる方法

●[Distribution Provisioning Profile]と[Production Certificates] の有効期限を確認します。

項目|概要
–|–
[Distribution Provisioning Profile]|Certificates, Identifiers & Profiles に入り Distribution Provisioning Profile「iOS, tvOS, watchOS」「Provisioning Profile」「Distribution」から該当アプリを開くと、Expires: 01 January, 2020 のように表示されており、期限を確認できます。
[Production Certificates]|「Certificates」「Production」から証明書を開いてExpires: 01 January, 2020のように表示されており、期限を確認できます。
 

●App Store Connect で該当アプリを選択して、「バージョンまたはプラットフォーム」の(+)をクリックして iOS を選択します。
 
● バージョン番号を記述します(同じ様式で連番で加算され、かつXcodeのバージョン番号と一致する必要があります)。

● ステータスが「提出準備中」のiOS APPが追加されます。そこに、バージョンアップの内容を記述します。
 
● その他の情報を入れて「保存」します。その後、Xcodeから新しいバージョンをアップロードです。
 
● Appleへのアプリ申請のため、Provisioning Profile をXcode に設定して、Archive の後、App StoreへXcodeからビルドをアップロードします。

● しばらくしてApp Store Connectに戻り、ビルドに+が出て Upload できているのを確認します。
 
● 新しいバージョンを選択し、「審査へ提出」のボタンをクリックします。
 
● 審輸出や広告について回答します。
 

【Flutter入門】iOS、Android、Windowsアプリ開発
Flutterによるアプリ開発について入門者向けに紹介します。
flutter
西住工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました