【Linux】ジョブ管理とは?フォアグラウンドジョブとバックグラウンドジョブの違い

Linuxのジョブ管理とは?フォアグラウンドジョブとバックグラウンドジョブの違いについてまとめました。

スポンサーリンク

ジョブ管理

実行中の処理の単位をジョブという。ジョブは複数のプロセスで構成され、ジョブ番号という固有値が付与されている。
ジョブには、「フォアグランドジョブ」と「バックグラウンドジョブ」の2種類がある。

  • フォアグラウンドジョブ
    • 特に何も指定せず、普通にシェルからコマンドを実行した場合、フォアグラウンドジョブとなる。フォアグラウンド(前面)。
  • バックグラウンドジョブ
    • $ コマンド &」のように、コマンドの後に「&」をつけてコマンドを実行すると、バックグラウンドで実行される。バックグラウンド(背面)。
  • フォアグラウンドジョブとバックグラウンドジョブの切替え
    • フォアグラウンド・ジョブからバッググラウンド・ジョブに切り替える場合、「Ctrlキー+Z」キーなどでジョブを中断させてからbgコマンドを実行します。逆にフォアグラウンド・ジョブからバッググラウンド・ジョブに切り替える場合、「Ctrlキー+Z」キーなどでジョブを中断させてからfgコマンドを実行します。
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント