【Linux】プロセス間通信(IPC)

Linuxのプロセス間通信(IPC)についてまとめました。

スポンサーリンク

プロセス間通信(IPC)

各プロセス同士が直接通信(情報のやり取りすることはできない。
そのため、各プロセス同士で通信した場合は、プロセス間通信(IPC=Inter Process Communication)と呼ばれるカーネルを通じて通信する仕組みを利用する。

  • シグナル
    • 稼働中の別のプロセスに命令信号を送信し、あらかじめ定めておいた動作をさせることができる。
  • シグナル・ハンドラ
    • プロセス毎に登録された、シグナルと動作の対応情報。
    • カーネルは、プロセスに対するシグナルを受信すると、シグナル・ハンドラに登録されている情報を参照し、そこであらかじめ設定された処理を実行する(登録情報がなければデフォルトの動作を行う)
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント