関係モデル・関係データベースとは?意味・対応表

この記事では、関係モデル・関係データベースの意味・特徴・対応表について解説します。

関係モデル

関係モデルとは、データの関係を数学モデルで表現したものです。
具体的な数学モデルとしては集合論や述語論を用います。

関係データベース

関係データベースは関係モデルをコンピュータ上に実装したものです。

関係モデルと関係データベース

関係モデルと関係データベースは次のように対応しています。

関係モデル 関係データベース
関係(relation) 表(テーブル)
属性(attribute) 列(カラム)
タプル(tuple)・組 行(レコード)
定義域(domain) 文字列型・整数型

関連記事

【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ

シェア&フォローお願いします!