【C#】foreach文で配列の要素をすべて表示

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、C#のforeach文で配列の要素をすべて表示する方法についてソースコード付きで紹介します。

配列の要素をすべて確認

foreach文とは、配列の要素数だけ繰り返し処理を行える文です。
配列の要素値を1つずつ取り出す際に便利です。

【書式】
foreach (型 変数名 in 配列名){
{
文;
}

【処理内容】
①指定した配列の要素数だけ繰り返し処理が発生
②1回繰り返しが行われる毎に、指定した変数に、要素の値が代入されていきます。
(例)2回目の繰り返し処理中は、変数に2番目の要素値が入る

今回は、foreach文を用いて、配列内の要素をコンソールに出力して確認してみます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードは下記の通りです。

【関連記事】
C#入門 サンプル集

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!