【C#/Bot Framework】チャットボットをSkypeで利用

「C#」「Visual Studio」「Microsoft Bot Framework」で作成したボットチャットをSkypeで利用する方法について入門者向けにまとめました。

チャットボットをSkypeで利用

Bot Frameworkでは、多種多様なメッセージングアプリケーションAPIと接続するためのチャンネルがあります。
また、登録時には「Skype」「Web Chat」のチャンネルに既に接続されています。
「Skype」でチャットボットを利用する手順は次の通りです。

① Skypeの詳細ページで[Web control] →[Get embed code]をクリックします。

② [Set receiver]で[Bot]を選択します。

③ [Microsoft App ID]にボットの登録時に取得し、Web.configにも記述した「アプリID」を入力します。

④ 各選択内容によって「Code」の部分が書き換わるので、入力が完了したらコードをコピーします。

⑤ 前回作成したWebChat.htmlを、再度修正します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta charset="utf-8" />
    <title>Test</title>
</head>
<body>
    <!--<div align="center" valign="center">
        <iframe src='https://webchat.botframework.com/embed/プロジェクト名?s=HsIqSCVuQzM.cwA.1Ag.4x1tkUsMiAjYWKQunvCWjodM-qjUk27OOut9ckZ5Bdg' style="height: 500px; width: 500px"></iframe>
    </div>-->

    <span class="skype-button bubble " data-bot-id="2595fdc3-27b1-4810-a040-efc3da267409"></span>
    <script src="https://swc.cdn.skype.com/sdk/v1/sdk.min.js"></script>
</body>
</html>

⑥ コピーしたコードを貼り付けたら保存します。
その後Azureへデプロイして、再発行しておきます。

⑦ ブラウザで下記のURLを開いて表示します。

http://プロジェクト名.azurewebsites.net/WebChat.html

⑧ [Skypeアイコン]をクリックします。

⑨ 次のようなSkypeの画面がブラウザに表示され、チャットボットと会話できれば成功です。

※UWPアプリやデスクトップアプリ版のSkypeでも「https://join.skype.com/bot/」に「アプリID」を追加したURL(https://join.skype.com/bot/2595fdc3-27b1-4810-a040-efc3da267409?add)を開けばチャットボットと会話できます。

関連ページ
1 【Microsoft Bot Framework入門】ボット作成・使い方
2 【C#入門】基礎文法とサンプル集
C#
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました