【VBA/マクロ】StrConv関数で文字列の変換

ExcelのVBA(マクロ)で、StrConv関数で文字列を変換する方法についてまとめました。

StrConv関数で文字列の変換

Excel/VBAでは、StrConv関数で文字列を変換できます。

StrConv(string, conversion [, LCID])
パラメータ 説明
string 変換する文字列式
conversion 変換の種類を指定(詳細は下記表参照)
LCID 国別情報識別子

※[]内のパラメータは省略可能です。
省略するとデフォルトで実行されます。

conversionの定数 説明
vbUpperCase 大文字に変換
vbLowerCase 小文字に変換
vbProperCase 文字列の各単語の先頭の文字を大文字に変換
vbWide 半角文字を全角文字に変換
vbNarrow 全角文字を半角文字に変換
vbKatakana ひらがなをカタカナに変換
vbHiragana カタカナをひらがなに変換
vbUnicode 文字コードをシステムの既定値からUnicodeに変換
vbFromUnicode 文字コードをUnicodeからシステムの既定値に変換

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub test()
    
    MsgBox StrConv("abcde",vbUpperCase) ' ABCDE

    MsgBox StrConv("ABCDE",vbLowerCase) ' abcde

End Sub
関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事