【VBA/マクロ】InStr関数で文字列の位置検索

ExcelのVBA(マクロ)で、InStr関数で文字列の位置を検索する方法についてまとめました。

InStr関数で文字列の位置検索

Excel/VBAでは、InStr関数で文字列の位置を検索できます。

InStr([start, ]string1, string2[, compare])
パラメータ 説明
start 検索開始位置(デフォルトは先頭)
string1 検索対象(文字列式)
string2 string1中から検索したい文字列式
compare 文字列比較の種類

※[]内のパラメータは省略可能です。省略するとデフォルトで実行されます。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

Sub test()
    
    Dim str As String
    Dim str2 As String

    str = "CASTER"

    str2 = InStr("CASTER","S")

    MsgBox str2  ' 3
    
End Sub

文字列「CASTER」のうち、Sの位置を取得します。
3番目なのでメッセージボックスには3と表示されます。

関連記事
1 【Excel/VBA】マクロ入門
関連記事