【Javascript】IndexedDBでオブジェクトストア作成

JavascriptのIndexedDBでオブジェクトストア(テーブル)を作成する方法をまとめました。

IndexedDBでオブジェクトストアを作成

JavascriptのIndexedDBでオブジェクトストアを作成するには「createObjectStore」を使います。
オブジェクトストアとは、一般的なデータベースでは「表(テーブル)」と呼ばれるものです。

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

function main(){

  // DBのバージョンを取得
  var dbVersion;
  openReq.onsuccess = function(event){
    var db = event.target.result;
    dbVersion = db.version;
  };

  var request = indexedDB.open('testDB', dbVersion); // DBに接続

  // オブジェクトストアの作成・削除
  request.onupgradeneeded = function(event){
    var db = event.target.result;
    db.createObjectStore('storeName', {keyPath : 'id'})
  }

};

「オブジェクトストアの作成・削除」はDBの更新時のみ行えます。
そのため、バージョンを指定して更新します。

関連記事
1 【Cordova入門】Androidアプリ開発編
2 Javascript入門 サンプル集
3 Node.js入門
関連記事