ES2015(ES6) 入門

このページでは、入門者向けにES2015(ES6)の基本文法やサンプルプログラムを解説しています。

ES2015(ES6)とは

ES2015(ES6)とは、ECMASCript(JavaScript)の6th Editionのことです。
要は、新しい機能がいくつか追加された新しいJavaScriptです。

2015年に標準化されたため、、正式名称がES2015となっています。

メリット・デメリット

ES2015(ES6)を使うメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】
・便利な機能、構文を利用できる
・簡潔かつ明瞭な記述をしやすいで

【デメリット】
・標準化されて間もないため、未対応のブラウザがある
ブラウザの対応状況

ES2015(ES6)の新機能

ES2015(ES6)から登場した新機能の使い方を項目別に以下にまとめました。

変数

ES2015では、従来の変数varに加えて新たにlet、constが追加されました。
let、constは、varにはなかった「ブロックスコープ」を使用でき、再宣言も不可能になります。
(constは再代入も不可、つまり定数になります)

varでなく、let、constを使うことで予期しない値の書き換えなど、バグを防ぎやすくなります。
【詳細】var、let、constの違い・使い方

class文

ES2015では、他言語のようにclass文でクラスを作成できるようになりました。
これにより、従来よりも簡潔にクラスを記述できます。
【詳細】class文の使い方

デフォルト引数

デフォルト引数とは、Pythonのように関数の引数に初期値を設定できる機能です。
これにより、関数を実行する際に、引数に値を渡さない場合に、初期値を使用できます。
【詳細】デフォルト引数の使い方

分割代入

「分割代入」とは、従来より簡単に記述で配列の値を変数に代入できる機能です。
【詳細】分割代入の使い方

アロー関数

アロー関数とは、無名関数の省略形です。
function式の記述を省略して関数の定義ができます。
【詳細】アロー関数の使い方

テンプレート文字列

テンプレート文字列とは、文字列をバッククオート(“)で囲み、${}で文字列内に変数展開ができ、改行も反映できる機能です。

スプレッド演算子

スプレッド演算子 は、複数の引数、要素、値が置かれるところで式が展開される機能です。

非同期処理(Promise)

非同期処理を行うオブジェクト「Promise」が追加されました。

【関連記事】
Javascript入門 サンプルプログラム集

シェア&フォローお願いします!