【PHP/Laravel】artisanコマンドの使い方

Laravelにおいて、artisanコマンドを使用する方法についてまとめました。

artisanコマンドの使い方

artisanとは、Laravelのコマンドラインインターフェイスです。
Laravelでアプリケーションを作成する上で便利なコマンドを提供しています。

主なコマンド 説明
php artisan list コマンドリスト一覧の表示
php artisan make:controller -h ヘルプの表示(コマンド毎に-hを付加)
php artisan route:list 設定したrouteの確認
php artisan make:model Admin モデル雛形の作成
php artisan make:migration create_admins_table –create=admins マイグレーションの作成。テーブルも作成することが多いので–create=オプションをよく使用。ファイル名は生成日時(2018_6_31_003428_create_admins_table.phpなど)となる。
php artisan migrate マイグレーションの実行。
php artisan reset マイグレーションの再実行。
php artisan migrate:refresh マイグレーションの再実行。
php artisan make:seeder AdminTableSeeder Seederの作成。
php artisan db:seed Seederを実行。
php artisan make:controller HogeController コントローラーの作成。
php artisan optimize 最適化
php artisan serve ビルトインサーバーの起動。
php artisan tinker 対話コンソールの起動。
関連ページ
1 【PHP入門】基礎文法とサンプルコード集
2 【PHP】Laravelフレームワーク入門
関連記事