【Processing】ぼかし処理

この記事では、Processing言語を用いて、ぼかし処理する方法をソースコード付きで解説します。

ぼかし処理

ぼかしとは、輪郭や色の境目をはっきりしないようにする(ぼかす)処理です。
Processingでは、「filter(BLUR);」を使うことでぼかし処理できます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

画面に貼り付けた画像を「filter(BLUR,3)」でぼかし処理する。(値3を大きくするほどぼかし効果も強くなります)

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

【関連記事】
Processing版OpenCVの使い方
Processing入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!