【NumPy】単位ベクトル(正規化) numpy.linalg.norm

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、ベクトルのノルム(長さ)を求める方法をソースコード付きで解説します。

単位ベクトル(正規化)

PythonとNumPyの「numpy.linalg.norm」を利用することで、ベクトルのノルム(長さ)を求めることが出来ます。
元のベクトルに、ノルムの逆数を掛けてやることで単位ベクトルが求まります。
これをベクトルの正規化(Normalization)といいます。

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
import numpy as np


def main():
    a = np.array([1.,2.,3.])    # ベクトルaの生成
    b = a / np.linalg.norm(a)   # ベクトルの正規化
    print(b) # [ 0.26726124 0.53452248 0.80178373] 


if __name__ == '__main__':
    main()

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!