シェアする

【Python】現在時刻が特定のタイミングになったかの判定

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Pythonで現在時刻が特定のタイミングになったかの判定を行う方法をソースコード付きで解説します。

特定のタイミングになったかの判定

Pythonでは、datetimeモジュールのdatetime.now()メソッドで現在時刻を取得できます。
【詳細】【Python】現在時刻(時・分・秒・ミリ秒)を取得

例えば、次のように1分毎にログを取るなどの処理を行いたい場合などがあります。

【例】
2017年5月6日 12時00分00秒 気温25.2度
2017年5月6日 12時01分00秒 気温25.3度
2017年5月6日 12時02分00秒 気温25.4度
2017年5月6日 12時03分00秒 気温25.6度

今回は、現在時刻が特定のタイミングになったかの判定を行ってみました。

ソースコード(Python3)

サンプルプログラムのソースコードです。

秒が00[s]になった時に時刻を表示します。

実行結果

サンプルプログラムの実行結果です。

2017-05-06 23:17:00.010223
2017-05-06 23:18:00.056814
2017-05-06 23:19:00.063014
2017-05-06 23:20:00.053462
2017-05-06 23:21:00.060154

【関連記事】
Python入門

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)