【Keras/TensorFlow】画像データセットの水増し

Pythonと「Keras/Flask」で画像データセットの水増しをする方法について入門者向けにまとめました。

【Keras/TensorFlow】画像データセットの水増し

学習データが少ない場合でも精度を上げる方法の1つとして画像データの水増しという方法があります。

水増しとは、元の学習データに変換を加えてデータ量を増やことです。
学習データが画像データの場合、例えば1枚のデータに以下の変換を加えたりします。

・ノイズを増やす(ガウシアンノイズやインパルスノイズ)
・コントラストを調整
・明るさを調整(ガンマ変換)
・平滑化(平均化フィルタ)
・拡大縮小(リサイズ)
・反転(左右/上下)
・回転
・部分マスク
・トリミング
・色変換

など

Keras(TensorFlow)では、ImageDataGeneratorクラスで簡単に画像の水増しができます。

【ソースコード】


【水増し前の入力画像2枚】

【水増し後の出力画像2×20=40枚】

【TensorFlow/Keras入門】ディープラーニングを簡単に手を動かして学ぼう
Pythonモジュール「TensorFlow/Keras」で深層学習(ディープラーニング)を行う方法について入門者向けに使い方を解説します。
【Python/Flask】Webアプリ・サイトの作成入門
Python用Webフレームワーク「Flask」の使い方について入門者向けにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました