【Windows10】Pythonの環境構築法まとめ

この記事では、Windows7, 8, 10パソコンにPython環境をインストールして使えるようにする方法ついて紹介します。

色々なPython環境構築方法

Windons上でPython環境を構築する方法は、「公式インストーラ」と「Pythonパッケージ」「WSL:Windows Subsystem for Linux」「Docker」を使う物など様々です。

※初心者はPythonパッケージがオススメ
概要 Python初心者の方には「WinPython」や「Anaconda(Miniconda)」などのPythonパッケージを使うのがお勧めです。理由は以下の2点。
理由① Pythonだけでなく「主要な外部ライブラリ」や「統合開発環境」も一括導入できて楽
※公式配布インストーラだと逐一自分で入れる必要があり大変(初心者はここでよく詰まります)
理由② ポータブル化されており、USBで持ち運び可能(WinPythonの場合)

環境構築方法まとめ

管理人はポータブルなPythonパッケージ「WinPython」による構築方法がオススメです。
尚、Pythonにはバージョン2と3の2種類がありますが特にこだわりがなければ3をオススメします。
それぞれの構築方法の解説記事を以下に整理しました。

項目
環境構築法①
(Pythonパッケージ)
WinPython編Anaconda編Python(x, y)編
環境構築法②
(公式インストーラ)
Python2.7編Python3.5編
環境構築法③
(WSL)
WSL Ubuntu編

環境構築に詰まった…

環境構築がうまく行かず、萎えてしまったら、ブラウザ上で使える実行環境「Google Colab」や「ideone.com」を試してみましょう。
ソフトのダウンロード、インストール、設定などは一切不要。firefoxやchromeなどのブラウザでPythonプログラムを実行できます。

関連記事
1 Python入門 サンプル集
関連記事