【Python】リスト関数mapの使い方

この記事では、Python言語のリスト関数mapで各要素に関数を適用する方法をソースコード付きで解説します。

リスト関数map

Python3にはリストの各要素に対して処理できる「リスト関数」があります。
そのうちの1つでありmap関数を使うことで、リストの各要素に関数を適用できます。

書式

map(関数, リスト)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# 関数定義
def func(x):
        return x * 2

data = [1, 2, 3, 4, 5]

# 関数方式
map1 = map(func, data)

# lambda方式
map2 = map(lambda x: x * 2, data)

# 結果表示
print( list(map1) ) # [2, 4, 6, 8, 10]
print( list(map2) ) # [2, 4, 6, 8, 10]

※リストの各要素に値を2倍する関数を適用しています。
※map関数の返り値からlist関数でリストを取り出せます。

関連記事
1 Python入門 サンプル集
関連記事