【NumPy】CSVファイルの読み込み (genfromtxt)

この記事では、Python言語とNumPyを用いて、CSVファイルの読み込む方法をソースコード付きで解説します。

CSVファイルのロード

Pythonの数値計算モジュールNumPyでは、genfromtxtメソッドでCSVファイルを読み込むことができます。
loadtxtメソッドでも読み込めますが、こちらの方が欠損値を埋める機能などがあり、高機能です。

書式

np.genfromtxt(CSVファイルのパス, delimiter=区切り文字, skip_header=ヘッダ行の行数 dtype=データの種類)

skip_headerで値を指定すると、その行数だけ飛ばした行の位置からデータを読み込みます
これによりヘッダ行を含めず、値のみを取り出せます。

■返り値
読み込んだデータ(NumPyのリスト形式)

ソースコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8
import numpy as np

def main():
    # CSVのロード
    data = np.genfromtxt("nikkei.csv",delimiter=",", skip_header=1, dtype='float')
    # 結果表示
    print(data)

if __name__ == "__main__":
    main()

■読み込んだCSVファイル:nikkei.csv

上記のサンプルプログラムを実行すると「nikkei.csv」を読み込んで、その中身を表示できます。

[[      nan  18997.68  19176.81  18991.59  19114.37]
 [      nan  19301.04  19301.04  19092.22  19145.14]
 [      nan  19392.11  19442.13  19364.73  19401.72]
 ..., 
 [      nan  18410.57  18469.38  18064.3   18191.32]
 [      nan  18398.76  18547.38  18327.52  18374.  ]
 [      nan  18818.58  18951.12  18394.43  18450.98]]

おすすめ記事

Python入門 サンプル集
NumPy入門 サンプル集

シェア&フォローお願いします!