【Python/SymPy】関数f(x)=0となる解の計算

Pythonモジュール「SymPy」で関数の解を計算する方法をソースコード付きで解説します。

関数の解

Pythonモジュール「SymPy」の「Solve」「Eq」を用いて関数f(x)の解( f(x)=0となるときのxの値 )を計算しています。

f(x)=x2+3x+2=(x+2)(x+1)=0

x=−2,−1

サンプルコード

サンプルプログラムのソースコードです。

# -*- coding: utf-8 -*-
from sympy import *

# a~zまで変数として扱う
var("a:z")              

# 関数f(x)の定義
f = x**2 + 3*x + 2      

# f(x)=0となるxを計算
ans = solve(Eq(f, 0),x)

print(ans)  # [-2, -1]
関連ページ
1 【Python/SymPy】記号計算入門Python入門 基礎文法とサンプル集
関連記事