【Python/urllib】ユーザーエージェントを設定してHTML取得

Python標準ライブラリ「urllib」を用いて、ユーザーエージェントを設定してHTML取得する方法とソースコードについて紹介します。

スポンサーリンク

ユーザーエージェント情報

ユーザーエージェント情報とは、Webサイトにアクセスする閲覧者の情報です。
Webページにアクセスする閲覧者は、ユーザーエージェント情報をサーバーへ送信できます。
Python3の標準ライブラリ「urllib」では、HTMLを取得する際に送信するユーザーエージェント情報を設定できます。

書式

opener = urllib.request.build_opener()
opener.addheaders = [(送信するユーザーエージェント情報)]
opener.open(url)

サンプルコードです。


【Python/HtmlParser】HTML解析(パース)
Python3の標準ライブラリ「HtmlParser」を用いて、HTML解析(パース)する方法とソースコードについて紹介します。
【Python入門】使い方とサンプル集
Pythonとは、統計処理や機械学習、ディープラーニングといった数値計算分野を中心に幅広い用途で利用されている人気なプログラミング言語です。 主な特徴として「効率のよい、短くて読みやすいコードを書きやすい」、「ライブラリが豊富なのでサクッと...
Python
スポンサーリンク
西住工房

コメント