MySQL、PostgreSQL、SQLite、Oracle DBの比較

この記事では、メジャーなDBである「MySQL」「PostgreSQL」「SQLite」「Oracle DB」などの比較・違いについて紹介します。

MySQL

MySQLとは、世界中で一番使われているデータベースです。
機能が豊富で処理速度も速く、オラクル社により開発されています。

主な特徴
1 オープンソース
2 非商用なら無料で利用可能(商用は有料)
3 大規模データベース向き(Webサーバーでよく使われている)
4 マルチユーザ対応(複数同時利用が可能)
5 主な使用例:Yahoo、Google、WordPressなど

PostgreSQL

PostgreSQLは、PostgreSQL Global で開発されている関係データベース管理システム (RDBMS) です。
MySQLの対抗馬としてよく挙げられます。

主な特徴
1 オープンソース
2 SQLの標準規格に対する準拠度が高い
3 マルチバイト対応(日本語コンテンツを処理しやすい)
4 マルチCPUに対するスケーラビリティが高い(接続数が増加してもパフォーマンスが維持される)

SQLite

SQLiteとは、ソフトウェアの一部として動作する手軽なデータベースです。
他のデータベースと比較すると機能が少ない分、手軽に使えることから中小規模の用途によく使われます。

主な特徴
1 ライブラリとして利用(ソフトウェアの一部として扱える)
2 データ型の指定なしで使える

Oracle DB

Oracle DBとは、オラクル社が開発している、関係データベース管理システム (RDBMS) です。

主な特徴
1 拡張機能が豊富
2 エスカレーションが発生しない
3 読み取り一貫性
関連記事