チキソトロピーの原理・性質

チキソトロピー(チクソトロピー)の原理と性質について紹介します。

チキソトロピーの性質

チキソトロピー(チクソトロピー)とは、かき混ぜたり、振り混ぜて力を加えることで、ある種の混合物の粘度が下がる現象をいいます。

チキソトロピーの原理

静置していると分散体が安定な位置になり凝集構造を作り、これを撹拌すると凝集構造が壊れてバラバラになるため粘度が低くなると考えられています。

シェア&フォローお願いします!