フェールセーフ・フェールソフト等の違い・特徴

この記事では、フェールセーフ・フェールソフト等の違い・特徴について解説します。

フェールセーフ・フェールソフト

フェールセーフ・フェールソフトとは、システムの安全性や信頼性を向上させる考え方です。
それぞれの違いは次の通りです。

種類 説明
フェールセーフ(Fail safe) システムの構成機器が故障した場合、システムを安全に停止させて被害を最小限に抑えます。
フェールソフト(Fail soft) システムが部分的に故障した場合、必要な機能のみを維持します。
フォールトトレラント(Fault tolerant) システムに障害が生じた場合、待機システムに切り替えて処理を続行します。
フールプルーフ(foolproof) 利用者が誤った操作をした場合、システムが異常動作しないようにします。

関連記事

【情報処理入門】基礎用語・原理・資格まとめ

シェア&フォローお願いします!