SASLとは?

SASLについてまとめました。

スポンサーリンク

SASLとは

SASL(Simple Authentication and Security Layer) は、クライアントアプリケーションとサーバーアプリケーション間の認証と認証情報の保護(データセキュリティ)のためのフレームワークです。RFC4422で定められています。
SASLでは、認証データの交換方法が定義されています(認証データの内容、つまり具体的な実装方法は定義されていません)。

  • SASLが提供するセキュリティ機能
    • ①通信相手の正当性 (認証: Authentication)
    • ②通信データの完全性 (Integrity、改竄されていないこと)
    • ③通信の機密性 (Confidentiality、盗聴されていないこと)

Web (http) やメール (SMTP、POP3、IMAP) 等で認証機能を実装する際、SASLプラグインを導入するだけで実現でき、アプリケーション開発者が認証モジュールを作成する必要がなくなるメリットがあります。

【Python】コマンドライン引数の使い方(複数)
Pythonでコマンドライン引数を使う方法について入門者向けにまとめました。
コンピュータ
スポンサーリンク

コメント