【竣工検査とは】目視点検、絶縁抵抗、接地抵抗の測定、導通試験

竣工検査とは?目視点検、絶縁抵抗、接地抵抗の測定、導通試験についてまとめました。

【絶縁抵抗計とは】ポイント

竣工検査とは、一般用電気工作物が新しく設置されたとき、または増設などの変更の工事が完了したときに行われる検査で、①~③の順番で行います。

種別 ポイント
目視点検 工事をした電気工作物が「電気設備技術基準」「電気用品安全法」などに適合した材料使用、器具の取り付け等を行っているかを目視で点検。
絶縁抵抗、接地抵抗の測定 絶縁抵抗計、接地抵抗計でそれぞれ測定した値が基準を満たしているか確認。
導通試験 回路や結線の接続が正しく行われているか、テスタなどで確認。
参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
電気・電子工学
技術雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました