【電気工事士】合成樹脂管工事

合成樹脂管工事についてまとめました。

【ポイント】合成樹脂管工事

合成樹脂管工事は、合成樹脂でできた管内に通線(電線を通して配線)する工事です。

工事のポイント
種類 ●合成樹脂管には「VE管」「PF管」「CD管」の3つがある
VE管 硬質塩化ビニル電線管トーチランプの炎の熱でVE管を熱して曲げることができる。
PF管 ●灰色の合成樹脂製可とう電線管。
自己消火性あり(火から離れると燃え続けない)
CD管 ●オレンジ色の合成樹脂製可とう電線管。
コンクリートに埋設して使用
自己消火性なし(火から離れても燃え続ける)
電線 絶縁電線(OW以外)
支持点間距離 1.5m以下
屈曲部 ●内側の半径が管内径の6倍以上
差込み深さ ●管外径の1.2倍以上(接着剤を使わない場合)
0.8倍以上(接着剤を使う場合)
接地 D種接地工事(使用電圧が300V以下の場合)
C種接地工事(300Vを超える場合)
※300Vを超えても接触防護措置を施す場合はD種接地工事でOK
接地を省略できる条件 ●「乾燥した場所」 or 「対地電圧が150V以下で簡易接触防護措置を施す場合」はD種接地工事を省略可能
禁止事項 ●合成樹脂管内で電線を接続するのは禁止
●合成樹脂管相互の直接接続は禁止VE管相互の接続を除く
爆燃性粉じん or 可燃性ガスがある場所でVE管、PF管を施設するのは禁止
参考文献・関連ページ
1 【第二種電気工事士】例題・試験対策まとめ
2 【電験三種】例題・試験対策まとめ
3 電気・電子回路入門
4 複線図のデータ
関連記事