【Linux】メール転送とメールエイリアスの登録方法

Linuxのメール転送とメールエイリアスの登録方法についてまとめました。

スポンサーリンク

メール転送とメールエイリアス

あるメールアドレスが受信したメールを別のメールアドレスで確認したい場合があります。
その場合、メール転送もしくはエイリアスを設定します。

スポンサーリンク

メール転送の方法

メール転送は、各ユーザーのホームディレクトリに「.forward」ファイルを作成し、転送先のメールアドレスを記述します。
例えば、user1あてのメールをuser2に転送する場合、以下のようになります。

■.forward(パーミッションは600)

user2@xxx.xxx
¥user1               

「¥user1」は、user1のメールボックスにも格納することを示します。
(自分自身にメールがループしないようにするため)

スポンサーリンク

メールエイリアスの登録方法

メールエイリアスは、通常使うメールアドレス以外に複数のメールアドレスを同じユーザーに割り当てることです。
メールエイリアスはニックネーム(別名)のようなもので、本当のメールアドレスを参照するための代替メールアドレスであるため、実際にメールエイリアス分だけメールボックスがあるわけではありません。

メールエイリアスの登録は、「/etc/aliases」ファイルに登録します。
例えば、user1あてのメールをuser2とuser3でも確認したい場合、以下のように記述します。

■/etc/aliases の例

user1:  user2, user3

/etc/aliasesファイルを編集が完了したら、newaliasesコマンドを実行します。
すると、「/etc/aliases」ファイルの内容をもとに、MTAが参照するエイリアスデータベースファイル(/etc/aliases.db)が更新されます。

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント