【Linux】KVMゲストOSの管理

LinuxにおけるKVMゲストOSの管理についてまとめました。

スポンサーリンク

KVMゲストOSの管理

KVM(Kernel-based Virtual Machineの略)は、Linuxのカーネルに標準搭載されている仮想化機能です。
ただし、KVMを使用するには、CPUが想化拡張機能に対応している必要があります。
CPUが対応しているかは以下のコマンドを実行することで確認できます。

CPUの確認

$ lscpu | grep Virtualization
Virtualization: VT-x

AMDだとAMD-V、IntelだとVT-xのCPUであれば対応しています。

ゲストOSの登録

他のホストマシンからイメージと定義ファイルをコピーした場合、virshコマンドでそのイメージを管理します。
以下の「virsh define」コマンドで「libvirt」管理下に登録します。
なお、コマンドを使用するには「libvirt-client」パッケージのインストールが必要です。

# virsh define /etc/libvirt/qemu/kvm_centos8.xml

上記は「/etc/libvirt/qemu」ディレクトリ配下に定義ファイルがある場合、その定義ファイルを指定して「virsh define」コマンドを実行し、ゲストOSをvirshコマンドで管理する例です。できるようになります。
なお、xml定義ファイルは直接編集せず、「virsh edit」コマンドで編集するのが安全です。
定義ファイルに誤りがあった場合に保存時にエラーとなります。

スポンサーリンク

ゲストOSの確認

「virsh list –all」コマンドで登録済のゲストOSとその状態を確認できます。

$ virsh list --all
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 -     kvm_centos8                    shut off
スポンサーリンク

ゲストOSの起動

「virsh start」コマンドでゲストOSを起動します。

$ virsh start kvm_centos8

「virsh list –all」コマンドでStateが「running」になっていれば起動成功です。

$ virsh list --all
 Id    Name                           State
----------------------------------------------------
 -     kvm_centos8                    running

ゲストOSの停止

「 virsh shutdown」コマンドでゲストOSを停止します。

$ virsh shutdown kvm_centos8

ゲストOSの強制終了

「「 virsh shutdown」コマンドで停止しない場合、「virsh destroy」で強制終了します。

$ virsh destroy kvm_centos8

ホストOSからゲストOSのコンソールに接続

ホストOSからゲストOSのコンソールに接続するには、「virsh console」コマンドを使います。

$ virsh console kvm_centos8
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント