【Linux】ハイパーバイザー型とホスト型の違い

Linuxにおけるハイパーバイザー型とホスト型の違いについてまとめました。

スポンサーリンク

ハイパーバイザー型

ハイパーバイザー型の仮想マシンソフトウェアは、仮想マシン実行に特化したハイパーバイザー(Linuxカーネルのような位置づけ)の上で仮想マシンを実行します。

  • ハイパーバイザー型の特徴
    • ホストOSの処理を必要とせず、ハードウェアを直接制御するため、処理速度が向上します。
    • 仮想マシンにOS、アプリケーション、ライブラリをインストールし、独立した実行環境を構築します。
    • ハイパーバイザーにどこまでの機能をもたせるかによって、「モノリシックカーネル型」「マイクロカーネル型」に分けられる。

(製品例)Hyper-V、VMware vSphere

  • モノリシックカーネル型
    • 仮想マシンを実行するための全ての機能をハイパーバイザーが持つ。
  • マイクロカーネル型
    • 仮想マシンの管理やデバイスドライバを、親パーテーション(特別な権限をもった仮想マシン)に任せ、ハイパーバイザーの持つ機能は最小限になる。
スポンサーリンク

ホスト型

ホストとなるOS上に仮想化ソフトウェアをインストールし、別のゲストOSを実行します。
1つのアプリケーションを動かすレベルの手軽さで仮想サーバーを実行できる反面、ホストOS自体のリソースを多く消費するため、ハイパーバイザー型より処理が重くなります。

(製品例)VMware Player、Oracle VirtualBox

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント