【Linux】仮想的に複数の端末を起動(screen コマンド)

Linuxで仮想的に複数の端末を起動(screen コマンド)する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

仮想的に複数の端末を起動(screen コマンド)

screen コマンドは、1つのターミナル内で、仮想的に複数の端末を起動します。
screenコマンドを実行すると、セッション(プロセス)が生成されます。-
Sオプションでセッション名を指定できます。

$ screen

セッションの一覧表示

オプション 概要
-ls セッションの一覧を表示し、screenの状態を確認できる。
-r [PID] 指定したPIDに該当するセッションを強制的にアタッチする。アタッチされたセッションは使用可能な状態となる。セッション生成直後は自動でアタッチされた状態となる。
-d [PID] 指定したPIDに該当するセッションを強制的にデタッチする。デタッチすると、使用中のセッションから抜けることができる(デタッチ後もセッションで実行中の処理は継続する)。

“`

スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント