【Linux】コマンドが格納されているディレクトリ情報を確認(typeコマンド)

Linuxでコマンドが格納されているディレクトリ情報を確認(typeコマンド)する方法についてまとめました。

スポンサーリンク

コマンドが格納されているディレクトリ情報を確認(typeコマンド)

type コマンドは、シェルがどのコマンドを起動しているか確認できます。

type [オプション] コマンド名

オプション 概要
-a 同名で実行可能なコマンドを全て表示
-f シェル関数は除外して表示
-P 環境変数PATHに登録されているコマンドのみ検索(whichコマンドと同じ結果)
-p 実行されるコマンドのディスク上のファイル名を表示
-t 実行されるコマンドに応じて「alias」「keyword」「function」「builtin」「file」を表示
$ type ls
ls is /bin/ls
スポンサーリンク

関連ページ

【LinuC】試験対策と例題まとめ
LinuCの試験対策と例題(学習サイト)についてまとめました。
【LPIC入門】Linuxの基礎と試験範囲別の解説
LPICに従って、Linuxの基礎と試験範囲別の解説についてまとめました。
【Linuxコマンド入門】主なコマンドとサンプル集
Linuxコマンドの主な使い方とサンプル集について入門者向けにまとめました。
Linux
スポンサーリンク
西住工房

コメント